令和2年 スタート!🐭

あけましておめでとうございます 。
ゲーム、動画、スマホ…。大切な幼少期に目を使っていろいろなものを見る機会が減っている時代だからこそ大事にしたい「見る力」。「見る力」は運動や学習だけでなく脳の発達にも影響します。
飛躍、改善、発見、出会い、支援…。今年も視機能の改善を通して子どもたちの笑顔と共に歩んでいきます♪

実りの秋を終えて… うれしい報告 続々…

・本読みの間違いが減った、本読みが上手になった
・文字や漢字を書くことへの抵抗が和らいできた
・進んで宿題をするようになってきた
・勉強に対してしんどかった気持ちが吹っ切れたみたい
・兄弟げんかが減った、下の子に仲よく関わるようになった
・お手伝いを楽しんでしてくれるようになった
・いろんなことに積極的になり、明るくなった

字がきれいになった♪

二人のお母さんから「(子どもの)字がきれいになった」という報告を受けました。
決してまだまだ“きれい”ではないけれど、“字”が変わってきたこと、変わってきたことを「きれいになった」と感じて喜べるお母さんの気持ちがうれしかったです。

拡大教科書を紹介しています

教科書を読んだり、読んで理解するのが苦手な子に「拡大教科書」を紹介しています。「これがいい」「この方が見やすい」「文字の大きさ(ポイント数)はこれがいい」と目を輝かせて見ています。字体が太く、普通の教科書を拡大したものとは見た目が違います。普通の教科書とページの分かれ目やページ数などが違うのが難点です。

学校に行きにくい子の活動の場に♪

学校に行きにくい子の家を出ての活動の場として「トレーニング室」の利用を始めました。ざっと思いついた40ほどのメニューの中からしたいことを選んで遊びます。自分で好きなことを考えてしてもかまいません。心が外に向かう関わりができたらうれしいです。

京都でも「教室」を行っています

京都市内の放課後等デイサービス事業所 コドモダスみやびさんで「ビジョントレーニング教室」を月2回行っています。大都会の一等地での「教室」。緊張もありますが、子どもたちは皆かわいいです。京都の地でも、子どもたちの視機能の弱さからくる困難が少しでも和らぐことを願っています。